ど素人の宅建資格

学習時間 - 宅建の情報サイト「ど素人の宅建資格」




刷り込み方式で何度でも

仕事で不動産業に携わっている人は、毎日の業務の中で、「宅建」試験の内容がでてきます。なので、毎日でもテキストを読み進めることをおすすめします。といっても、忙しい毎日ですから、そうそう時間も取れないですよね。私の場合は、仕事も育児もあり、平日はテキストを読むくらいですぐ寝てしまい、土日は子どもとの時間も大切にしたかったので、取れても1週間に10時間ほどしか、時間はさけませんでした。

「営業」の仕事をしている人は、「刷り込み」方式で、営業成績を上げている人が多いのではないでしょうか。これは1回の営業で、言い方や声の大小を使い分け、何度も何度の同じことを伝え、商談相手の頭の中にこちらの言い分を刷り込む方法です。「宅建」学習もそれと同じで、何回も何回も過去問題を解くことで、自然と身についてきます。社会人の方、仕事にもプライベートにも疲れている方、特に頭を使いたくないときは、全く勉強をしないのではなく、無意識でいいので問題を解き進めましょう。