ど素人の宅建資格

宅建業法 - 宅建の情報サイト「ど素人の宅建資格」




宅建業法の重点

この「宅建業法」では、全体的に出ます。どれがでて、どれがでにくいというわけではないので、全体を網羅する感じで学習します。何度も復習し、確実にしていきましょう。

「宅建業・宅地業者」というのは何かをまず押さえます。試験では、それが「宅地建物取引業」にあたるのか当たらないのかを判断させる問題がでます。ですので、正確にこの意味を覚えましょう。

「免許・取引主任者・保証制度」についても、よく理解しましょう。免許を都道府県知事から受けるのか国土交通大臣から受けるのかといったところから、免許の基準に関する知識まで、そんなに難しい内容ではないので、すぐに覚えられると思います。また、せっかく努力して資格を取得しようとしているので、「取引主任者」になるまでの手続きや、取引した顧客を保護するための「営業保証金制度」などは確実に身につけたい項目です。

「業務上の規制」については、説明義務について押さえましょう。アパートの賃貸契約で不動産屋を訪れた際、今まで部屋を案内してくれていた人に代わって別の人でてきて、「私は宅地建物取引主任者取得者です!」と言って免許書みたいなものを見せられ、1時間ほど「重要事項」の用紙に沿って説明されたことがありませんか?あれを、いつ、だれが、どこで、どうやって行うのか、その内容はどうなのかが、よく試験にでますので、しっかり覚えましょう。あとは、宅建業者が自ら売り主として取引をするときに、適用される規定についても学習します。

宅建業法を守らないと、もちろん罰則、処分が下されます。特に監督処分は試験にもだされやすいので、資格取得後の自分のためにも押さえておきたい項目です。

デジタル衛星放送スカパーのサッカー番組情報のサイト
スカパー!JSAT