ど素人の宅建資格

法令制限 - 宅建の情報サイト「ど素人の宅建資格」




法令制限の重点

「都市計画法」「農地法」「国土利用計画法」「建築基準法」「土地区画整理法」「宅地造成等規制法」などで出題がされています。都市計画法では、「用途地域」を定める区域と、定めない区域を区別し、さらに用途地域以外の地区を正確に覚え、さらに地区計画を定めることが学習します。

しみ取りレーザー治療の体験談サイト
http://www.lastre.net/about/marketprice.html

農地法では、まず「農地」とはなんぞやという所をしっかりおさえ、農地法3条4条5条のそれぞれの許可について、またその違いを学習します。

国土利用計画法では、事後届の手続き方法と、事後届が必要な契約と事後届が不要な契約の違いについて特に学習します。

建築基準法については、建築確認が必要か不要かについてと、その手続き方法について学習します。

土地区画整理法では、他の法律と比べ、語句も聞きなれず、難しいです。土地区画整理事業の施行者についてはまずおさえておきましょう。その後、「仮換地」と「換地処分」は最も重要な項目ですので、よく理解し覚えましょう。

宅地造成等規制法は、宅地造成についての工事の許可制と、届け出を中心に学習します。もともと崖くずれなどの災害を防ぐための規制をもうけている法律なので、内容的にも他の法令より学習する範囲は少ないです。