ど素人の宅建資格

問題を解く - 宅建の情報サイト「ど素人の宅建資格」




過去問題を何回も解く

一通りの学習が終わったら、過去の試験問題を解きます。一般的に10年分を4回は解いた方がいいと言われます。1回目解くと自分の理解の甘さがよくわかると思います。つどテキストを読み直し、しっかりと理解します。2回目で1回目と同じところを間違えた部分は要注意です。理解力が浅い合図。もう一度テキストを読み直します。3回目はほぼ満点を取るつもりで解き、4回目は試験本番だと思って解きます。それでも間違えた部分は、自分の弱点です。そこは捨てて、他のところで得点が取れるようにしましょう。

DHA EPAの天然成分の効果などの情報サイト